ポルログ・株式ニュース

20 9月

大引け

    大引け(おおびけ)とは – コトバンク
    ASCII.jpデジタル用語辞典 – 大引けの用語解説 – 証券取引所における、後場最後の取引をさす。取引所の売買立会は、午前立会(前場・ぜんば)と午後立会(後場・ごば)に分かれている。後場の最後の売買を「大引け」と言い、大引け … …


    大引け(おおびけ)とは – 大引けの読み方・証券用語 Weblio辞書
    大引けとは?証券用語。 ① 取引所での最終の立ち会い。また、そのときの相場。前場ぜんばと後場ごばの大引けのうち、通常は後場の大引けをさす。 ⇔ 寄り付き④ 「 -値段」 ② 遊郭で閉店の時刻、午前二時頃をいう。 >>『三省堂… …


    引け・大引け│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
    「引け・大引け」の説明。金融・経済・証券用語「引け・大引け」を初心者にもわかりやすく解説します。資産運用なら証券会社のSMBC日興証券へ。


    野村證券 | 大引け(証券用語解説集)
    分類:証券市場 証券取引所で1日の最後の取引をさす。午前立会(前場)と午後立会(後場)に分かれる売買立会において、前場の最後の取引を前引け、後場の最後の取引を大引けという。大引けで付いた終値は引け値と呼ばれるが … …


    大引け(おおびけ)の意味 – goo国語辞書
    おおびけ【大引け】とは。意味や解説、類語。1 取引所で、一日の最後に行われる取引。また、その値段。一日の取引がすべて終了した状態をいう場合もある。⇔寄り付き。2 昔、遊郭で、その日の営業を終え、消灯して大戸を閉じる … …


    大引けとは|金融経済用語集 – iFinance-金融情報サイト
    大引けは、金融商品取引所(証券取引所)において、後場の最後の売買(取引)のことをいいます。また、取引の最後の値段のことを「引け値(引け)」と言います。 一般に引け直前に出された注文の取引価格の決定方法は、時間優先 … …


    大引け | 金融・証券用語解説集 | 大和証券
    立会場があったころ、大引け後の東京証券取引所には伝票や新聞紙などのくずが山になっていた(東京・中央区日本橋兜町)【1996年5月撮影】


    東証大引け 反落、米株安でリスク選好姿勢が後退 銀行株高い …
    30日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。終値は前週末比167円91銭(0.74%)安の2万2544円84銭だった。ハイテク株主導で前週末の米株式相場が下落したことを受け、投資家の運用リスクを取 …



スポンサードリンク

Leave a Reply