ドル高

    ドル高は20年ぶりの水準、為替安定策など各国で影響相次ぐ …
    米国のインターコンチネンタル取引所(ICE)が算出している、ユーロや円など主要通貨に対するドルの相対的な価値を表すドル指数は10月3日時点で111ドルを超えて、約20年ぶりの高値を付けている。 このドル指数はユーロ58%、円14%、英ポンド12%などと、通貨ごとに異なる重みづけを行い、平均化して算出される。 中国は中央銀行がレートを一定の幅で管理する管理変動相場制を取っており、構成通貨には含まれて …


    加速する2022年のドル高は、どのような影響をもたらすのか …
    急激なドル高はアメリカ国内にもデメリットをもたらす可能性が 円安の急激な進行と世界的に加速するドル高傾向 ここ最近の円安の急激な進行を気にされている方は多いかもしれません。 2021年4月時点では1ドル=108円前後だった水準が、2022年4月19日には129円台となり、たった1年で2割弱ほど円の価値が下落した結果となっています。 この円安の問題は、対ドルに限った話ではありません。 対ユーロにおい …


    武者陵司「ドル高がもたらす世界成長、ドル帝国循環の始動 …
    ドル高は現在において米国の国益に直結している (A)輸入価格下落により大幅な差益(交易利得)が発生するが、それは輸入物価の低下によりインフレが抑制され、実質所得を押し上げることで実現する。 米国は年間2.8兆ドル(364兆円)の財輸入がある。 前年比10%のドル高は2800億ドルの輸入価格の低下効果をもたらす。… …


    ドル高がもたらす世界成長、ドル帝国循環の始動(前 …
    ドル高は現在において、米国の国益に直結している。 (1)輸入価格下落により大幅な差益(交易利得)発生するが、それは輸入物価低下によりインフレが抑制され実質所得を押し上げることで実現する。 米国は年間2.8兆ドル(364兆円)の財輸入がある。 前年比10%のドル高は2,800億ドルの輸入価格低下効果をもたらす。… …


    24年ぶりの水準まで進んだ円安ドル高 なぜ急激に進んだのか …
    円安ドル高が加速し、円は24年ぶりの水準まで値下がりしています。 なぜこれほど急ピッチで円安が進んでいるのでしょうか? なぜ円安が進んでいるのですか? 背景には、日本と欧米の中央銀行の金融政策の方向性の違いがあります。 アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は記録的なインフレに対応するため、金融引き締めを急いでいます。… …


    円安ドル高とは?メリット・デメリットや影響をわかりやすく …
    円安ドル高とは「ドルの価値が高く円の価値が低い」状態 円安ドル高をひとことで言うと「ドルの価値が高く円の価値が低い」状態のことです。 とはいえ、国内における通貨の価値ではなく、あくまで円と米ドルの相対的な価値の比率のことです。 そのため、円安になっても日本国内で買い物をする場合は影響がなく、円をドルに交換して買い物をする際に影響してきます。 通貨の価値はその国の「金利」と強い関連性を持っており、金 …


    円相場 一時円安ドル高進むも中国経済先行き懸念 売り買い交錯 …
    29日の東京外国為替市場、アメリカの金融引き締めが続くとの見方から一時、円安ドル高が進みましたが、中国経済の先行きへの懸念から円を …


    米ドル/円(USDJPY)|為替レート・チャート|みんかぶ FX/為替
    湾岸戦争以降、米国が紛争当事国となるケースが増え、その役割が弱まったが、ここにきて役割が回復してきており、有事に強い円を除いて、ドル高になるケースが見られる。 取引のポイント 世界の政治経済の中心であり、世界中の様々な材料がドル相場に関係してくる。 ただ、基本的には米国の材料で動くことが多い。 NY株式市場や同債券市場動向などにも要注目。 経済指標への注目度は、他の通貨を圧倒しており、月初の雇用統 …


    「ドル高の持続性」を国際資本フローで分析、2023年前半に局面 …
    ドル高、実質実効レート指数は 「プラザ合意」直前の水準 2022年になってドル高が進んできた。 国際決済銀行(BIS)が作成している実質実効レート指数(国家間の物価上昇率の違いや貿易額のウエートを勘案した為替レート、2010平均=100)を見ると、ドルは直近の10月は142.19と「プラザ合意」直前の1985年3月(147.09)に迫るドル高水準となった。… …


    仮想通貨市場にも影響する「ドル高」の背景は 相関性や円安 …
    ドル高とは 米ドル相場は2021年5月の安値から上昇し続けており、主要国通貨に対する米ドルの強さを示す「米ドル指数(DXY)」は2022年9月時点に、過去20年ぶりの高水準にあります。 歴史的にドル高が顕著に進行した時期に、先進国市場の株式や不動産、 ビットコイン(BTC) を含む暗号資産(仮想通貨)といったリスク資産のパフォーマンスが大きく低下したこともあり、投資家はDXYの動向を注視しています …


コメント

タイトルとURLをコピーしました