ポルログ・株式ニュース

20 9月

立会外取引

    立会外取引とは|金融経済用語集
    立会外取引は、証券取引所で行われる取引の一つで、通常の立会内取引とは別に行われる株式等の売買取引のことをいいます。これは、証券取引所の通常取引の外(立会外)で、「証券取引所の電子取引システムを利用して行う取引 … …


    立会外取引|証券用語解説集|野村證券
    野村證券の立会外取引のページ。資産運用や退職金・相続などのご相談なら野村證券。株、投資信託、債券、ファンドラップ、NISAなど幅広いラインアップで、店舗でのご相談からインターネット取引まで、あらゆるお客様をサポート … …


    立会外分売とは | 俺たち株の初心者!
    証券取引所の取引時間外に企業や大株主が持ち株を割引価格で売りに出す、立会外分売。投資家には安く購入できるほかにもメリットがあります。ここでは立会外分売の概要や割引の理由、メリット・デメリットを紹介しますね。 …


    立会外分売とは?メリット・デメリットなど
    立会外分売(たちあいがいぶんばい)は、株式市場の取引時間外(立会外)に、企業が所有する株式を売り出すことです。立会外分売が実施されるとお得に株をGETできるチャンスですので、魅力的な銘柄の時には是非参加すると良い … …


    立会外取引(たちあいがいとりひき)とは – コトバンク
    知恵蔵 – 立会外取引の用語解説 – 証券取引所の立会時間外に行う取引のこと。時間外取引とも呼ばれる。日本においては、特に東京証券取引所の立会時間外(午前8時20分から午前9時、午前11時から午後0時30分および午後3時から午後4時 … …


    ToSTNeT取引 | 日本取引所グループ
    ToSTNeT(Tokyo Stock Exchange Trading NeTwork System)取引は、東京証券取引所の立会外取引です。 ToSTNeT市場は、オークション時間外の立会外取引として、1998年6月29日から単一銘柄取引(1999年9月30日までは大口取引 … …


    立会外分売とは?メリットと隠れたデメリット | 1億人の投資術
    立会外分売とは、特定の大株主が東京証券取引所の取引時間外に大量の株式を販売する方法です。 通常、上場企業の株を買いたい時は、株式市場で買い注文を出して取得します。逆に売りたい時は株式市場で売り注文を出して売却し … …


    ToSTNeT取引 | 日本取引所グループ
    ToSTNeT市場では、単一銘柄取引、バスケット取引、終値取引、自己株式立会外買付取引の4種類の取引を行うことができ … 立会市場の直近値から上下7%以内の価格(直近値に7%を乗じた値が5円未満となる場合には、一律、直近値の … …


    【株用語】立会市場とは | 【株初心者ブログ】株ビギナー …
    従って、大口取引を行う機関投資家が一般投資家に影響を及ぼさないことが、 立会外取引 の主目的とされる。 立会外取引の中でも、個人投資家と関連があるのは「立会外分売」であろう。立会外分売最大の魅力は、前日 の終値よりも … …


    立会外分売研究所
    前日終値から割引された価格で株が買える立会外分売で儲けるための情報サイトです。立会外分売の実施予定や予想、分析、過去の実績データ、証券会社の比較など情報が充実しています。 …



スポンサードリンク

Leave a Reply