ポルログ・株式ニュース

20 9月

日歩

    逆日歩とは | カブスル – 株をはじめるなら | 初心者の株式投資道場
    逆日歩とは?株を借りている投資家に負担してもらう手数料を「逆日歩」といいます。逆日歩の恐ろしいところは、その日の取引が終わってみるまで、どの程度 信用売りが出て、どの程度 株が足りないのかが事前に分からない点に … …


    逆日歩の意味と株価への影響 – 株初心者のための株式投資講座
    逆日歩は、空売り(貸し株)の数量が増加することで、空売りのための株券を調達している証券金融会社が自身では調達できなくなることで、その株を保有してる大口投資家(機関投資家等)から株券を借りる際に支払う費用です。 …


    逆日歩とは? / 信用取引のコスト
    逆日歩(ぎゃくひぶ)とは品貸料(しながしりょう)とも呼ばれる信用取引のコストで、信用取引の売り手が買い手に対して支払うコストとなります。信用取引で売り建てが可能な銘柄に極端に売りが集中するなどして、空売りのため … …


    逆日歩(ぎゃくひぶ)とは
    制度信用取引時にかかる「逆日歩(ぎゃくひぶ)」。知らない間に逆日歩がかかって損をしてしまわないように、このページでしっかり理解をして取引をしましょう。 …


    逆日歩に買いなしの解説 – 株・個人投資家の喫茶店
    逆日歩に買いなし 格言解説 逆日歩とは、信用取引で買いよりも売りが上回り、株不足が生じた場合、売り方が払う品貸料のことです。そもそも逆日歩がつくような銘柄は、実態以上に高く買われ過ぎているか、仕手化した銘柄が多い … …


    逆日歩(ぎゃくひぶ)と制度信用、一般信用について
    逆日歩はなぜ発生するのか 信用取引の場合、売りと買いの数はバランスがとれていないといけません。 特に売りが多くなってしまうと、足りなくなってしまい、高額な費用を払わないといけなくなってしまいます。 信用売りが信用 … …


    高額逆日歩の事例と発生理由 – 株初心者のための株式投資講座
    信用取引で発生する逆日歩についてですが、ここでは、過去に実際にあった高額逆日歩の事例となぜそんなに高額の逆日歩が発生したのかの理由を説明していきます。 …


    日歩とは(ひぶとは) 信用取引用語知識
    日歩とは(ひぶとは) 信用取引における日歩の意味、日歩の本来の意味、日歩の計算式、計算例について解説しています。 株式投資家個人生活研究所>信用取引用語知識3【た行~わ行】>日歩とは(ひぶとは) …


    SMBC日興証券が逆日歩予報、AI株価トレンド予報を …- The Goal
    いま世の中では、AI、人工知能、ビッグデータ分析、ディープラーニング(深層学習)、フィンテックを活用したサービスが最近増えてきています。 そうした情 … …


    第12回「逆日歩」が発生するしくみ | トウシル 楽天証券の投資 …
    「逆日歩(ぎゃくひぶ)」とは、前回(第11回)の最後の方で簡単に紹介しましたが、信用取引の売り方(売り建てをしている人)が支払うコストのことです。また、逆日歩は、いつ発生するかわからない、いくら発生するかわから … …



スポンサードリンク

Leave a Reply