前引け

    前引けとは|株式用語集|iFinance
    前引けは、証券取引所(金融商品取引所)において、前場の最後の売買(取引)をいいます。 一方で、前引けに対して、前場の最初に成立した売買(取引)を「寄付き」、後場の最後の売買(取引)を「大引け」、また取引の最後の値段を「引け値(引け)」と言います。 …


    わかりやすい用語集 解説:前引け(ぜんびけ) | 三井住友DS …
    前引け(ぜんびけ) 解説 関連カテゴリ: 株式 取引所における前場の最終取引のこと。後場の最終取引は大引け(おおびけ)と呼びます。 情報提供:株式会社時事通信社 用語集トップ 投資信託に係るリスクと費用 投資顧問に係る … …


    前引けとは – コトバンク
    デジタル大辞泉 – 前引けの用語解説 – 取引所で、午前中の取引(前場ぜんば)の最後に行われる売買。→大引け 今日のキーワード 動員令 〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年 … …


    前引け(ぜんびけ)|株初心者のための株式投資と相場分析方法
    前引けとは 前引け(読み方:ぜんびけ|英語:closing of the morning session)とは、前場(午前9時から午前11時30分)の最後の売買のことです。 前引け近辺で売買が活発になる理由 前場と後場では相場つきが変わりやすくなるので、前場のみ取引しようとしていた投資家は、前引け近辺でひとまず … …


    前引け(ぜんびけ)とは|株式投資大百科
    前引け近辺の時間帯は、価格変動が大きくなりやすい時間帯です。 前場のうちに売買を成立させて ポジション を落としておきたい デイトレーダー などの投資家や、前引けの価格で売買したい投資家の注文が殺到しますので、前引けの時間帯は 出来高 を伴って売買が活発になりやすいです。 …


    引け・大引け│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
    引けとは、前場、後場の最後の売買をいいます。特に後場の最終売買は「大引け」といいます。また、単に取引時間の終了を指すこともあります。引けでついた値段を引け値といいます。株式取引の注文方法として、引けでのみ取引を行うように指定することもできます。 …


    東京マーケット<前引け>/ダイワインターネットTV
    東京マーケットフラッシュ+中国マーケット<前引け>. 東京マーケットの後場の動きと材料銘柄、そして動き出した香港・上海市場の相場や個別銘柄についていち早くお伝えします。. ※13:30から生放送で配信している番組のオンデマンド版です。. 16:50 … …


    引け(前引け、大引け)とは? 為替・金融FX用語解説 …
    前引け(ぜんびけ) 午前11時半 にいったん休憩の株式市場、朝に日経平均が上がりすぎているとここで利益確定が増えて下がることがあります。 だからといって、ドル/円も同じように下がるかどうかはイマイチ関連がない気がする。 …


    東証前引け 続落、欧米株安で一時600円超下落 ソフトバンクGや …
    26日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前引けは前営業日比534円30銭(1.97%)安の2万6619円53銭だった。金融引き締めによる景気悪化懸念 …


    東京株式(前引け)=534円安、米株安嫌気し下値探る展開に …
    東京株式(前引け)=534円安、米株安嫌気し下値探る展開に. 26日前引けの日経平均株価は22日終値比534円30銭安の2万6619円53銭。. 前場のプライム市場の売買高概算は7億558万株、売買代金は約1兆5536億円。. 値上がり銘柄数は278、値下がり銘柄数は1505、変わら … …


コメント

タイトルとURLをコピーしました